〔論文発表〕JJAP: 次世代光通信に向けた多重体積ホログラムと位相フィルタを用いた空間モード分離技術

投稿者: | 2017年9月2日

研究論文が公開されましたので、紹介いたします。

Spatial mode demultiplexing technique using angularly multiplexed volume holograms with a phase plate

Shimpei Shimizu1Atsushi Okamoto1,4Fumiya Mizukawa1Kazuhisa Ogawa1Akihisa Tomita1Taketoshi Takahata2,4Satoshi Shinada3 and Naoya Wada3

1 Graduate School of Information Science and Technology, Hokkaido University, Sapporo 060-0814, Japan

2 OPTOQUEST Co., Ltd., Ageo, Saitama 362-0021, Japan

3 National Institute of Information and Communications Technology (NICT), Koganei, Tokyo 184-8795, Japan

4 OPTOQUEST Advanced Optical Device Development Research Division, Hokkaido University, Sapporo 001-0021, Japan

Published 8 August 2017 • © 2017 The Japan Society of Applied Physics 

この研究は、多重ホログラムと位相フィルタを用いた空間モード分離器に関するもので、次世代の光通信システムの性能を大幅に向上させる技術を提供するものです。先生が担当される北海道大学産業創出部門「オプトクエスト次世代光デバイス研究開発部門」と国の研究機関である情報通信研究機構との共同研究の成果になります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です